この任意保険とは強制保険の自賠責保険とは違い自賠責保険ではカバーできない補償を受ける必須ともいえるより充実した保険です。はっぴぃタイム

この任意の保険の注意点は自動車損害賠償責任保険の上乗せということで役に立つものですので、自賠責保険でまかなえる支払い限度額を上回ったときに働きます。ブリアール

また、自賠責保険には物的損害については保証されていないのでその部分をカバーするためには任意保険にも加入することをお勧めします。ソワン

現時点で任意保険の保険料を支払っているクルマを売却する場合は国産車でもイタリア車というようなことは関係なく残っている分が還付されます。Bizoux(ビズー)

これは国産メーカーの自動車の売却の際も同じことが言えます。リップルキッズパーク

自動車損害賠償責任保険の場合は基本的には放っておくのが通例になっていますが任意保険の場合は全員が加入する保険ではありませんから中途解約になります。松尾ジンギスカン

また、任意保険をキャンセルをすればすでに 納付済みの返戻金が返金されることになります。ラ・ファミーユ

クルマの売買が決まったと言っても即任意保険をキャンセルするというのは危険です。ソルースジェル

もちろん、できるだけ早く解約すればその分還付されるお金は増加しますが、もし自動車店舗が離れた場所にあり、自ら持っていくということになった時は保険なしで自動車の運転をする必要があります。ジェイウェルドットコム

もしもの時を考えて、必ずもう自ら車の運転をすることはないという状況になるまでは保険の解除をすることがないようにしてください。ミレイズ

自動車を手放して、すぐ違う車両に乗り換えるのでしたら構わないと思いますが、もし長い間運転をしない状況が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時がある場合、前に加入していた時の等級が下がり、保険料が増額されることがあります。

そういったような状況であれば「中断証明書」というものを出してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」で10年までは無保険になる前の等級を引き継いで加入することが可能です。

そして13ヶ月以内は出してもらうことができますから仮にもう自動車を手放していて「中断証明書」を出してもらっていない状況でしたら保険の提供元や代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。

仮に自分がまた自動車を購入して、購入した後に前に所有していた愛車を処分してもらう場合は、任意保険は一方のみのです。

切り替えということになりますから運転をする予定の愛車ならば売却までには注意しましょう。

それから、任意保険は自動車の種類により価格がそれなりに変化してきますから、愛車引き取り時は任意保険そのものを見直す良いタイミングなのです。