LINK
ショップでいずれものクレカが決済できるのではありません。□クレカの加盟店は多くの場合多くのカード会社と契約しているわけですが、残念ながら一切の店舗で全てのサービスの所有カードが切れるわけでもありません。例えば古いタイプのお店の際だとJCBの印の書いたそのカードしか切れないときもありますし今日日の店舗の場合VISAとマスターの名前のついたやつだけしか切れない場面もあります。銀聯といったクレカならば増して決済できない店舗が増えると思います。何の所有クレジットカードが決済できるかをいかに見分けたらいいか?「それじゃどのようにしてどのようなクレジットカードが決済できるかを見分けたらいいか?」といってはみたものの正しく知るためには該当店の人にお見せしてみるほかないていうのが実のところ正しい回答です。とはいえ大体の売り場やホテルには加入店の入口のところなどに切れるクレカ会社のマークが入っているシールが付けられているんで、「へー、そのお店ではダイナースカードが使用可能なんだ」という感じに迷わないようにされてるので留意しておいてください。とはいうものの、しっかり案内が行き届いていない加盟店舗で使うときには、印が掲げられている場合でも「うちではお持ちのカードはご決済いただけません」等の対応を受けてしまう場合もないわけでもなくメンツをつぶされてしまうこともなくもないです。やはりできる限りはより多くのお店で決済できるようにする目的で、別の種類のブランド(国外ロゴ)が入っている一般的なアメックス、ライフカード、といったクレジットカードを複数枚持つようにするとよいと思います(例:ライフカードを携帯しているなら次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレジットカードを申し込むといった方法)。特に日本においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つの印が書いてあるクレジットカードをいつも使っていれば、おおむね全国の加盟店舗でどれかしらのカードを渡す機会があります。クレカをいつも財布に忍ばせて日常的にマイル取得を継続していくには、言うまでもないが少なくともこの3枚のクレジットカードを所有しておいて損はないでしょう。