LINK

どこにでもあるはじめたばかりの人向けの外為取引の情報では、「損失が生じた時はナンピン買いをすることで、全体のコストを低くする事が出来る」等書かれていますがここにはかなり大きな罠が隠れています。

まずは、ナンピンの原理に関して簡単に記述しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。

$(ドル)買いですから、ドル高に推移するほど黒字が出るわけだが95円まで円高が進んでしまったとします。

この状況でポジションを持ち続けたら損がなくなるまでには、ドル安になった分、円安に向わなければなりません。

誰もがみんな、赤字は早く無くしたいと考えるでしょう。

そこではじめに取引したのと同じだけの$(ドル)を1ドル95円で取引します。

すると、ポジションの平均の買い付け単価は97円50銭まで下げることができますその結果、半分の幅でドル高が進むと赤字を回復できます。

こういったことがナンピンの理論です。

ナンピン買いの方法を理解すると、「納得だ」という気分になるがそう易々と思い通りにはいきません。

95円以下にならないとはなんびともわからないのである。

もしも、マーケットがかなり強いドル安地合だとすれば1ドル95円ではとまらず、さらに一層円高ドル安が進む危険性はあります。

例として、1ドル=97.50円でナンピンをしたとしても1ドル=95円まで円高ドル安に進んだらナンピン買いしたポジションについても赤字が生じてしまいます。

それでは、初めに持ったポジションと合わさって2倍のマイナスが生じる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それならば、相場が台本とは反対の方向にどんどん行ってしまった場合どのような術で危険性を軽減すればいいのだろうか。

この場合選択する方法は多くはありません。

まずひとつめは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

別の方法としては、その時点で、自分が保持している買いポジションを少なくする事によってもう一度外国為替市場が回復するのを黙って待ち望むことです。

ちょっと受動的な術だと思う人もいるだろう。

しかし、ポジションに損が生じた場合、効果のある手段はこの2つ以外にはありません。

考え方としてはナンピン買いをしてみる考え方もありえます。

けれどもナンピンは、自分が損をしている場面で、買いポジションを整理するどころか遂にポジションを重ねていく手法です。

この対策では、リスクを削減することなど、到底やりようがないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをし続ければいつかは儲けが出るかもしれません。

しかし、それより先にお金は無くなってしまいます。