LINK
民事再生という手段は住宅ローンなどを含めて多重債務に困っている債務者のために住宅を手放さずに経済面で立ち直るために法的機関を通した債務圧縮の方法として平成12年11月にスタートした選択肢です。破産申告と違って免責不許可となる条件がないので投機などで債務が増えたようなときでも手続きは可能ですし、破産をすると業務不可能になる可能性のある業界で生計を立てている人でも民事再生手続きは検討可能です。破産宣告では住居を保有したままにすることは許されませんし他の債務処理方法では元金自体は返していくことが要求されますので、住宅のためのローンも払いつつ返していくのは現実として困難だと思われます。しかし、民事再生を選択することができれば、住宅のためのローンのほかの借入は相当なお金を減ずることも可能ですので余裕をもって住宅ローン等を返しながらそのほかの負債を返済し続けることも可能ということになります。しかし、民事再生という選択は任意整理と特定調停といった手続きと違って一部分の借り入れだけを除いて処理することはできませんし、破産申告においてのように元金それ自体消えてしまうのでもありません。それに、他の解決方法と比べて手続きの手順が簡単ではなく時間もかかりますので、住宅ローンなどがあって住んでいる家を手放せない状況等を除いて破産手続きのようなそれ以外の解決策がない場合だけの最後の処理と考えるのがいいと思います。