LINK
「私は主婦なのですけれども、突如持ち合わせが要求されるということも有ったりします。そういったときローンといったようなものが使えたら等と考えるのですが、収入がないとカードは発行していただけないと耳にしたことがあります。でも専業の主婦の友達なんかでカードを持ってる人というのもいたりします。専業主婦であっても作成できる金融機関のカードというのが存在しますでしょうか」そういった質問にご回答していきます。借り入れといったものをお願いする際仕事へ就き一定の所得がきちんと発生しているなどといった、査定上の要件といったものが存在したりするのです。よって専業主婦の場合ですと審査に対して落ちるのが一般的なのですけれども、昨今では多種多様なクレジットカード会社というようなものが専業女性に対しても金融機関のカードを作成しています。不自然に考えるかもしれないですが、そのケースの審査対象というのはあなた自身じゃなくてご主人に関する信頼で審議になります。だけど利用可能である額というものはたいして多くないものであると思っていた方が良いのではないかと思います。そしてその効果というものがご主人のクレジットカードへと届くケースも有るのです。貸金業規制法改革に連動して年収に対する3割に至るまでとの限界が存在する以上はご主人の有すカード利用限度額が目いっぱいの場合ですとあらためてクレジットカードを発行した場合下げられる危険が有ったりするのです。なお申込の折に結婚しているということなどを立証するための文書の届出といったものを要求してくる事も有るのです。このような法律対応というのはカード会社も苦労してるようです。仮に約定の折には結婚していたのだけれどもそれ以後別れた場合は当の本人たちが届け出しないとわからないでしょう。依然として借り続けてしまったようなとき、貸し付けている金融機関は非合法営業となります。このような状態なので今後は専業主婦へとカード利用に対して変化というようなものが顕在化するものだろうと考えます。