LINK
車での事故が起こった時、己が交通事故の被害者であっても、相手方がミスをひとつも受容しない状況はたくさんあります。例をあげれば、意思と関係して起こしたかったのではなく不注意で相手の車を追突された時に、こういう水掛け論につながってしまう状況があるのです。かといって事故現場で物損と対応され、忘れた頃に体の痛みが現れた際に診てもらった病院の証拠書類を提出するのでは対応が遅くなる事は仕方がなくなります。では、自動車の事故の過失割合の確定にはどういう目処が設定されているのでしょうか。正確に申しますと、警察が結論付けるのは、主に自動車の事故の大きな落ち度が認められるのはどちらであるかという事柄であり、過失の割合がどうなのかというわけではありません。その上、最終的に明確にされた事故の過失者が警察からはっきりする事は場面は考えられません。それだから、「過失割合」は当事者のやり取りの結果で決定された、この事が事故の賠償の算定のベースになる訳です。この場合に、お互いが任意保険に入っていない時は双方が直接的にやり取りすることしかできません。ところが、当たり前ですがそういった協議では、非理性的なやり合いになる状況が高いです。この上、お互いの主張に隔たりがあれば悪くすると、裁判沙汰にまで突入しますが、それでは多くの時間と裁判にかかるコストかなり大きなロスは避ける事が出来ません。それにより概ね各々の当人についている自動車の保険屋さん、そのお互いの保険会社に協議を委ねる手段を駆使して、相当な過失の割合を冷静に決めさせるのです。そういった際、自動車の保険会社はそれ以前の自動車事故の裁判の判定から決定した認められた基準、判断例などを基に、予想と話し合いでどちらに何割過失があるのかを決めます。と言っても、自動車での事故では、遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず、第1に警察を呼ぶのが鉄則です。その上で、自動車の保険会社に電話をして、以後の交渉をお願いするのが手順となります。正しい仕組みさえ知っておけば両者の無益な議論となる事を未然に防止できます。