LINK
自分の車の見積額を損をせずに上げるには、、車を売却時期、タイミングも大事なポイントです。乗り換えを検討している自家用車を少しでも損をすることなく乗り換えることを配慮すれば、数点の注意する点があるといえます。自動車の見積査定の留意点として重視される点に走行距離があります。通常走行距離というのは、自動車の寿命とされる場合もありますので、その車の走行距離が長いだけ買取査定では減点材料になります。メーターが100キロと9万キロでは当然、自動車の売買価格は評価がことなります。一般的には走行距離そのものは少ない方が自動車買取額は高くなりますがそんなに細かい線引きは存在しなく定められた線を引いて査定額が決まります。例えば普通車だと年間1万kmを目安としてこれ以上走っているとたいてい査定がマイナスになるのです。軽自動車だと、年間で8000kmがまた年数の割には距離が相当少ないという場合でも、査定金額が上がるというものでもありません。普通は年式・走行距離に関しての買取査定の要点は、年式と比べて適した走行距離になっているかということです。愛車も例外ではありませんね。そして自動車の年式というのも、中古車の見積査定の要点です。しっかりと理解しているといった方が多数だと思いますが、通常は年式に関しては最近であるほど査定には高評価が出やすいのですが例外的にその年式に希少価値がある車は昔の年式の場合でもプラス評価で査定してもらえることもあるのです。それから、車検です。周知の通り車検にはお金が掛かっている分車検に出すまでの時間が大きいほど査定額は大きくなると勘違いすると思いますがそれは誤りで実際車検時期がいつであろうと中古車の売却額査定にはほとんど関係がありません。メーカーの車、走り屋仕様車車検切れの車、というような車種の状態も買取査定に相関性を与えます。車検に出す前は売却を検討するには望ましいということです。逆に、見積額を高額にするために車検を受けてから買取査定に出そうというのは車検代が勿体無くあまり査定に響かないということになります。また専門業者に車を査定し、売却するタイミングとしては2月と8月が有名です。というのも車買取業者の期末が3月と9月というところが多くあるからです。なので例えば1月に売ろうと考えたとしたらあとちょっと待って2月に車の買取査定をしてもらって引き取ってもらうのも手です。自分の都合も都合もありますから、誰もがそういったタイミングで買い取ってもらうなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能であればこうした時期に売りに出すのが良いと思います。