LINK
遠まわしに使うクレジットの手順は簡単です。クレジットでそのまま支払えない物品を直接購入するという手法ではなく遠まわしにしていけばより得策です。理屈が簡素という理由で、まずは商品券の実例を利用して解説してみようと思っています。とある人物が素晴らしい服を欲しいと迷って立っています。持ちたい一流のカバンを扱っている店舗だとクレジットカードで取引することが認められません。一方MasterCard、NICOSなどのギフト券を使えば受け入れてくれるのです。なので例になる女性はクレジットで商品カードを発注する事が可能なを売っている店舗に向かいクレジットを用いてVISA、Diners clubなどの券を買い取りしてみました。次に使用したカードを活用して注文したJCB、Diners clubなどのギフト券を店舗に手に持ちおもむき、買いたかった価値のある財布を注文したとしましょう。「一体どうしてギフトカードで購入した女性はややこしい方法をしてるの?」と疑う事もあるかもしれませんが、実は説明したプロセスを活用するなら普通だともらえる事はなかったカードポイントが獲得できます。普通、現金を支払って高価なコートを注文したとした時でもキャッシングポイントはつきませんし、NICOSなどのギフトカードを金で買い取りした後駆使してもつきません。ところが上記で述べた事例、VISA、American Express、Diners clubなどののギフト券をカードで取り寄せしたという根拠により一流のアクセサリーを買い取りした分と同じような量だけカードポイントがゲットできるようになるのです。こういう事例が直接商品を買わずにローンを運用したことという根拠で遠まわしに使うクレジットと呼ばれる手順です。